スポンサーリンク




生活の知恵 資産づくり

家庭に眠る『第三の資産』を金融資産に変えて、増やそう!

 

みなさま、こんにちは!ブリコラブログ!です。

今回は前回の続き Sweat Asset=資産に汗かきはたらいてもらう!を加速させるための、大切な視点や考え方をブリコラ!的にお伝えしようと思います。

実際に私自身も実践していて、少しずつ効果を実感している内容です。

 

 

 

 

前回のおさらい:収入の10%を貯蓄し、はたらいてもらう!

イメージしやすいように、図示してみました。

 

収入が仮に月20万円だとしたら、90%の18万円を生活費としてで1か月を過ごす。

残り10%の2万円を貯蓄に回し、さらに資産としてはたらいてもらう。

ポイントは、『貯めるだけではない』ということ。私たちの代わりに収益を運んできてくれる“大切なパートナー”として育てていきたい!ということが前回のおさらいでした。

 

「バビロンの大富豪」 資産づくりをまなぶ上で、5本の指に入る良書!!

上記のこと以外の教えも詳しく知りたい方は、一度お読みいただければと思います。

筆者は甥っ子の就職を機にプレゼントしました

 

 

資産のはたらきを、アクセレレータ(加速)させる!

では具体的にどういったことから着手していくのか?ポイントは、

  1. 母数を増やす
  2. 効率を上げる

 

 

ということです。※以下図示参照

 

 

資産オリンピックを目指すアスリートに例えてみる!

母数を増やすのは、『身体づくり』と思ってください。

競技に必要な筋肉を作り、不要な脂肪を取る。しなやかで強靭な身体にして、

ベストパフォーマンスを出すための基礎を整える ということですね。

 

効率を上げるのは『技術や戦略・戦術習得』

整えた身体を、最大限パフォーマンスに変換する動かし方や、ケースや状況に応じた対応・対処法を知ることで競技を優位に進め、結果としてライバルに勝つ。

イメージ付きましたでしょうか??

 

改めて、今日は (資産の)母数を増やす 

→ ❶はたらく資産に置き換える をお伝えします

 

家庭に眠る“はたらいてない資産” 総額は37兆円!?

ニッセイ基礎研究所が、このような研究結果を発表していました。

フリマアプリでの平均売買価格から算出。1世帯あたり約70万円、金融・不動産に続く第三の資産

記事はコチラ

人気が高まるフリマアプリに注目し、株式会社メルカリのデータ提供を受け、今回の調査結果より得られたカテゴリーごとの不要品の個数と、フリマアプリでの平均売買価格をかけあわせることで、その総額を一般家庭の“かくれ資産”として算出致しました。 

その結果、日本のかくれ資産総額は、推計37兆177万円。1世帯あたり約70万円。この自宅内の不要品の想定価値=“かくれ資産”は、厚生労働省「毎月勤労統計調査」における2017年の労働者一人当たりの年間賞与平均支給額74万7,156円に迫る金額となり、これまで一般的に資産として捉えられてきた“金融資産”や“不動産”に続く第三の資産として、今後さらなる活用が見込まれる潜在的資産と言えます。

ニッセイ基礎研究所 調べ

 

金融資産、不動産資産に続く第三の資産 とはあるものの、

ブリコラ的には、収益を運んできてくれないものは、資産ではない です。

1世帯あたり70万円の“汗かいていない資産を早々に優良な投資信託などに変えて年率3%の複利で運用すると、20年後にはナント・・・約126万円になります

 

 

これ、最近使わないな、、、家にあっても邪魔だな、、、

メルカリなどのフリマアプリですぐに現金化=はたらき者に変える をお勧めします!!

「売れないんじゃないか?」というものは、市区町村の粗大ごみ処理で引き取ってもらいましょう!

無駄なものがずっと家にあるストレスや居住スペースを取られているということからの解放は、非常に効果・メリットはあります。使わない・お金を運ばない不良資産に、そのスペース分の“家賃”を払っているようなものです・・・。

 

 

 

次回以降、❷~❹をお届けします!

最後まで御覧いただきまして、ありがとうございました!

 

  • この記事を書いた人

ブリコラブログ!

・東京都在住 大阪府出身 ・趣味 :ゴルフ/史跡めぐり/ドライブ ・好きなもの :お寿司 ・年収400万のときに、持ち株会で3,500万の資産をつくる ・その経験から❶資産づくり❷ビジネススキルを軸に 「何に役立つかわからないけど、何かある気がする!」が コンセプト「ブリコラブログ!」を運営

-生活の知恵, 資産づくり

© 2021 ブリコラブログ! Powered by AFFINGER5