スポンサーリンク




ビジネススキル

「シンプル・イズ・ベスト」の正体とは!?

 

こんにちは!ブリコラブログ!です。

 

今回のテーマは、『シンプル・イズ・ベスト』についての深堀ってみます!

このコトバは私たちにとって非常に身近で、色んなシーンで使われてませんか!?

 

例えば・・・

  • 「料理の味付けは、塩と胡椒だけ。シンプルイズベストだね!」
  • 「普段着の取り合わせは、ネイビーとベージュの2色使い。シンプルでいいね!」

こんな感じでしょうか!?

 

シンプル単純・簡便的なイメージだから、

そもそも深堀りする必要ある!?というご意見も聞こえそうですが(笑)

私生活・ビジネスシーンでの「決断」や「思考法」にちょっとしたコクを

加えるような記事になっております。

 

どうぞ最後までお付き合いください!

 

 

「シンプル」のコトバが持つ要素

「シンプル」のそもそもの意味を確認してみましょう!

  • 単純なさま。また、飾り気やむだなところがなく、簡素なさま
  • 「―な柄」「―な生活」

*引用元:goo辞書

 

シンプルな生活で想起されるのは、“ミニマリスト”ではないでしょうか!?

YouTubeではミニマリスト的生活術、SNSには関連するライフスタイル情報が

数多く紹介・掲載されていて、目にしない日はありませんよね!

 

中田敦彦さん「YouTube大学」で、日本三大随筆「方丈記」が取り上げられていました。

実はこの方丈記、筆者の鴨長明による“ミニマリスト”生活を綴ったものでもあるとのこと!

 

事例付きでシンプルのコトバが持つ要素に迫ってみましたが、

単純・簡素の裏側の要素としてあるのは、“無駄なものは省く”というもの。

無駄なものを省きそぎ落とし機能的な状態を追求した結果が、“シンプル”です。

 

 

シンプルを表現!?:オッカムの剃刀(カミソリ)

無駄なものを省き・そぎ落として“シンプル”を形作る。

この考えを非常に端的に説明し定義したコトバに、“オッカムの剃刀”があります。

みなさま聞いたことありますでしょうか??

 

  • 「ある事柄を説明するには、必要以上に多くを仮定するべきでない
  • 14世紀の哲学者・神学者のオッカムが多用したことで有名に
  • 「剃刀」という言葉は、説明に不要な存在を切り落とすことを比喩している

*引用元:ウィキペディア

 

仮に「カステラを仮想空間で販売する!」という事業計画を立てる場合、

仮説・シミュレーションが3つの事例で済むなら、6つ・7つと用意しなくて良い

みたいなことを意味しています。

 

人はどうしても数が少ないと“足し”がち。

会社勤務の方でしたら、必要以上の文字やグラフがノイズになっているような

プレゼン資料を見かけたことがあると思います。

これって、不安の裏返しなんですよね・・・本当は説明には多くを求めない。

 

必要以上に多くすべきでない事例は、「維持や管理面」にも該当します。

たとえばあるシステムや仕組み、業務フローを管理・チェックする項目数が

3つで済むなら、6つや7つにもする必要はありません。

 

維持管理の項目数を増やせば増やすほど、

  1. 項目数分の維持コストがかかる。
  2. 項目が多くなるほど、チェック作業が複雑になる。
  3. 交換が必要になった場合、項目が多いほど工数・時間を要する。

ということが言えます。

不要なものは、(剃刀(カミソリ)で)削ってしまう!

この考えこそがシンプルの極みではないでしょうか。

 

 

「シンプルイズベスト」に通じるコトバ

最後にブリコラブログ!的な視点・シンプル=余分なものは削ることで

結果として品質や成果を上げることを表すコトバをご紹介します!

 

「仏像は彫ることで完成する」

木像・石像に関わらず、元の素材を削りに削り、彫に彫って完成する。

余分なものを無くしていくことで、真の姿を浮かび上がらせます。

 

「単純であることは、究極の洗練だ」

レオナルド・ダ・ヴィンチのコトバ。

芸術家であり、科学にも深い造詣があったダ・ヴィンチ氏

人物を上手く描写するために、人体の研究をしてしまう(傑作モナリザにつながる)。

そんな彼が辿り着いた境地であるからこそ、コトバに重みがありますよね!

 

「シンプル・イズ・ベスト」の正体とは!?:まとめ

 

  • 単純・簡素の裏側にある、“余分なものを省く”要素が大切。
  • ミニマリストは、シンプルの完成形生活スタイル。
  • 複雑さの回避は、管理・維持・スイッチコストの低減にもつながる。

いかがでしたでしょうか??

 

シンプルが生み出す効果、洗練された品質。

日本には古来より「俳句」の文化がありますが、これもシンプル。

 

「5・7・5」という17文字で描写し、作者の世界観を創る。

レオナルド・ダ・ヴィンチの言う、「究極の洗練」かもしれません!

 

『シンプルは・洗練纏う・エッセンス』

by ブリコラブログ!

 

それでは、次回のブリコラブログ!でお会いしましょう!

 

  • この記事を書いた人

ブリコラブログ!

・東京都在住 大阪府出身 ・趣味 :ゴルフ/史跡めぐり/ドライブ ・好きなもの :お寿司 ・年収400万のときに、持ち株会で3,500万の資産をつくる ・その経験から❶資産づくり❷ビジネススキルを軸に 「何に役立つかわからないけど、何かある気がする!」が コンセプト「ブリコラブログ!」を運営

-ビジネススキル

© 2022 ブリコラブログ! Powered by AFFINGER5