スポンサーリンク




オススメ書籍 生活の知恵

電子書籍のおすすめ端末:楽天koboの使用後レビュー!

 

こんにちは!ブリコラブログ!です。本日は、「生活の知恵」編より『電子書籍』についてお伝えします!

 

早速ですが、結論!

  • 端末がスマホより軽くてラク!
  • 充電が超長持ちする!
  • 24時間いつでも購入可で、品切れが無い!

 

使い始めてよかった!の一言に尽きます。

個人的には、「過去3年で使い始めて良かったサービスTOP5」に入りますね。

では、早速解説していきましょう!どうぞ最後までご覧ください。

 

 

 

 

楽天Koboって、どんなサービス?

 

楽天が運営する電子書籍サービスで、

ビジネス・コミック・小説など、約400万冊を取り扱い・国内最大級の展開をしています!

 

楽天ポイントと連携する!

購入金額100円ごとに1ポイントの楽天ポイントが貯まります!

これは、楽天市場でのお買い物と同じですね。

 

期間限定でポイントアップなどのキャンペーンも行われており、

毎回何かしらの割引適用で電子書籍を購入しているイメージです。

 

スマートフォンやパソコンでも読める!

スマートフォン(iPhone/Android)のみならず、パソコンや電子書籍リーダー、

タブレット端末など、様々なデバイスで読むことが可能です。

 

購入した電子書籍のデータはクラウドに保管されます。

外出先でスマートフォンで読んでいた本の続きを、家に帰ってパソコンで読もうかな。。

こんな便利な使い分けも特徴のひとつですね!

 

楽天Kobo 端末の種類について

 

引用元)Rakutenブックス より

機種名 kobo forma kobo libra kobo clara kobo nia
価格(税込) 34,980円 25,080円 15,180円 10,978円
ディスプレイ
本体カラー ブラック ブラック/ホワイト ブラック ブラック
バッテリー持続目安 数週間 数週間 数週間 数週間
端末の重さ 197 g 192 g 166 g 172 g
生活防水 あり あり なし なし
メモリ容量 約32GB (テキストベースの本:約 28,000 点分 /
コミック:約 700 点分)
約8GB (テキストベースの本:約 6,000 点分 /
コミック:約 150 点分)
約8GB (テキストベースの本:約 6,000 点分 /
コミック:約 150 点分)
約8GB (テキストベースの本:約 6,000 点分 /
コミック:約 150 点分)

 

ちなみに・・・

  • Kindleも4種類。
  • 価格帯は、最上位機種で24,800円。廉価機種で9,980円という具合です。

 

楽天Kobo・端末使用レビュー!

 

それでは、私の使用感・レビューを以下お伝えしますね。

みなさまの参考になれば幸いです!

 

購入端末は、Kobo clara

先ほどの端末一覧表・右から2番目、15,180円のタイプにしました!

created by Rinker

 

最上位機種ほどの容量(テキストベースで、約28,000冊分)は、おそらく不要。

6,000冊分あれば、1か月3冊ペースで購入したとしても166年分!?

・・・十分すぎます(笑)

 

Libra・clara・niaの3機種で迷いましたが、最後は『最軽量の機種』でclaraに決定

容量や画面の大きさ等、ほぼ同じ。バランスが良い!

 

ちなみに、iPhone最新機種:12pro(6inch画面)は187gですので、

Kobo claraの166gは、21gも軽いことになります!

 

端末のバッテリー持続時間がスゴイ!?

1月から使用開始したときに、フル充電しました。

  • 通勤時に1日20~30分の使用で、読まないときは電源OFF。

 

という条件で、本日現在の充電残量は『62%』です!

 

持続時間について、思いのほか大きなメリットを感じています!

スマホは毎日充電していますので・・・。

 

 

ページめくりがスムーズ!

端末の紹介ページには、

『電子書籍なのにパラパラ読める!』『読み返しラクラクの高速ページめくり!』

と説明が書かれています。

 

実際のところはどうか!?

言い過ぎではないですね!非常に快適でした!!

実際のページめくり動画を掲載しましたので、ご参考まで!

 

 

目にやさしいフロントライト構造!

パソコンやスマートフォンなどの液晶画面は、

画面を後方から光を照らすため、光が直接目に届きます

 

画面を長時間見つめていると、目や身体への負担が大きいと言われる理由ですね!

 

楽天Koboの端末は、電子ペーパーを前面から照らすフロントライト構造。

疲れにくく長時間の読書に最適なのです!

 

引用元)Rakutenブックス より

 

電源オフ・スリープ画面の表示について

ここが少し変わっている?電子書籍ならでは?なポイントです。

 

読書中に一時中断、端末の電源をオフにしたとします。

そうすると、現在読書中の表紙が画面に表示されるという仕組みなんですね。

 

リアル本ではカバーをかけることで読書中の表紙を隠すことができますが、

電子書籍にカバーはありません。。

 

別売りのカバーを購入するか、電源オフにしたあとはすぐにカバンへ入れる

こんな対応が必要となります。

 

 

電子書籍・おすすめ端末:まとめ

  • 端末が軽量!最新iPhone(12Pro)よりも21g軽い!
  • 1日30分程度の使用なら、フル充電から2か月でも残量は60%超え!
  • ページめくりがスムーズ!目にもやさしいフロントライトで快適!

 

いかがでしたでしょうか?

リアル本を購入し、読み終えたらBOOKOFFなどで売る。

そんな考えも以前は持っていました。

 

ただ、売れたとしてもたかが知れてますし、

売りに行く面倒を考えると電子書籍・端末に入れてしまうのは非常にラクです!

 

快適な電子書籍ライフをあなたも是非どうぞ!!

created by Rinker

 

 

 

  • この記事を書いた人

ブリコラブログ!

・東京都在住 大阪府出身 ・趣味 :ゴルフ/史跡めぐり/ドライブ ・好きなもの :お寿司 ・年収400万のときに、持ち株会で3,500万の資産をつくる ・その経験から❶資産づくり❷ビジネススキルを軸に 「何に役立つかわからないけど、何かある気がする!」が コンセプト「ブリコラブログ!」を運営

-オススメ書籍, 生活の知恵

© 2021 ブリコラブログ! Powered by AFFINGER5