スポンサーリンク




資産づくり

[40代の投資]投資信託・米国高配当ETFでの実績報告:2021年6月度

 

こんにちは!ブリコラブログ!です。

楽天証券で資産づくりを開始して1年+8か月目に入りました!

 

金融商品の最高傑作「インデックス投資」と「米国高配当ETF」を主力/軸にして、

REITや新興国債券で分散を効かせて資産づくりに励んでいます。

 

40代からの投資で10年後にサイドFIREを目指す!

 

所属会社の同僚やゴルフ仲間も投資による資産づくりを始める人が増えたこともあり、

読者みなさんの不安解消になるような参考情報を届けれるように頑張って参ります!

 

この記事でお伝えしたいこと!

  • 20~30代』の方々が投資へチャレンジする後押しとなる情報。
  • 資産作りは、時間が味方してくれる!早く始める方が良い。
  • 40代から開始本当にサイドFIRE達成なるか!?リアル進捗を掲載。

 

をお伝えする内容になればと思っています!

 

みなさんもこちらのページに来ていただいた今日という日をきっかけに、

是非資産づくりにチャレンジしてみてください!

 

 

 

 

40代の投資:開始1年8か月終了時点の結果!

 

6月終了時の資産推移は、以下の通りでした!

 

17,275,234円 : 前月比 108.4%

  1. 買い増したETFと既存で保有している投資信託の含み益
  2. ETFからの配当金
  3. 6月支給の賞与

 

寄与したのはこの3点で、特に❸の影響が大でした。

コロナ禍の1年ではございましたが、賞与は過去最高額を受け取り。

(イメージとしては、通常の2倍。。。)

 

若干古くなったゴルフのキャディバック買い替えと

毎年恒例の北海道ゴルフ旅行以外は、すべて投資と貯金に充てました!

 

主力ETFティッカー「VOO」がこの1か月非常に高価格を推移したため、

少し買いを控えて現金ポジションを多めにとるようにしました。

(※VOO、7月に入って400$に突入していますね!)

 

6月に取り組んだこと:

 

5月の取り組み事項!

  • ETFの定期買い付け→ティッカー追加!
  • 現状のボートフォリオ整理と戦略微修正
  • 株の配当金を再投資へ回す

 

米国ETFの定期買い付け

つみたてNISAやidecoのような節税効果はありません・・・。

ただ一度設定してしまえば機械的に着々と買い増しが可能で、

ドルコスト平均法の効果も得られます!

ドルコスト平均法とは?

 

面倒くさがりの方にもピッタリの方法!

値動きに気持ちが左右されないのもメリットです。

 

現状のボートフォリオ整理と戦略微修正

楽天証券だけのETFで運用額が860万を超え1,000万目前に。

そのまえにどんなセクターや会社にどのくらい投資しているのか?

自分自身で再認識する必要がある、、と強く感じました。

 

保有するETFを各社のホームページで投資先企業・セクターを調べ、

保有数×取得金額を投資先企業とセクターに割り当てれるように

簡単なエクセルで数式を組み確認。

※一部表記を掲載します↓↓

 

 

データ化しての気づき

  • ITや金融、ヘルスケアに比重が偏りすぎている。
  • 公共・マテリアル系のセクター比率が低い

 

また株式や債券など種別の割合も確認すると・・・

 

上記の通り株式の比重が多めでした。

リスクは取れる方ではありますがディフェンスがゼロという訳にもいきません

よって、株式70%債券20%不動産10%と自主割合を設けて

この割合に近づくように今後ETFを買い増しするように戦略修正しました!

 

株式を売却というよりは、

債券・不動産を買い増して比率を調整するようにしてみます。

進捗は来月以降もお伝えしますね!

 

 

40代の投資:資産づくりの全体構成

 

  • 20~30代で投資デビューされるあなたへ!

このブログでお伝えしている『資産づくり』の考え方をまず図解でご覧ください!!

 

・基本的には、以下の構成・全体像で資産購入を継続します!

資産を購入するための原資(お金)を、以下3つ(赤枠)で充当する考え方を採用です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

❶収入の10%を資産の購入に充てる

現状は収入の10%以上を資産の購入に充てています。

私個人の話を申しますと、資産運用は以下の証券会社で行っています。

預入資産額順・メインの投資先を記載

 

  1. 楽天証券:投資信託・米国高配当ETF
  2. SMBC日興証券:日本高配当株(JTのみ)
  3. SBI証券:SBI・V S&P500インデックスファンド
  4. 大和証券:REITとIPOで取得したソフトバンク
  5. 会社の制度「401K」

 

入金のメインは、❶と❸。

証券会社ではないですが、401Kを加えた3本柱です。

 

❺は毎月3万5千円入金をしていて、

投資先は外国株式投資信託100%にしてリスク高めのポジションを積極的に取って運用。

運用機関全体における成績上位10%の結果を残せています

 

これは私が独身で子供が居なくて「リスクに対する許容度が高い」から選択できる戦略。

全員が選択可能な戦略ではないことをご理解いただければ幸いです。

 

❶・❸・❺の3本柱を“マネーマシン”“金の卵を産んでくれるにわとり”として

大事に大事に育てていくという考えで進めております!

 

❷見直した固定費分のお金を資産購入に充てる!

同じ品質なのに高い購入費用・使用料金を支払っているものは、ぜひ見直しましょう!

なんといってもその筆頭は、“携帯電話使用料”だと思っています。

見直しの効果・有効性を、以前の記事で解説しております。ご参考にしてみてください!

『生活費見直し』で資産を増やす効果を2倍にする!

続きを見る

 

❸資産が運んできてくれたお金を更に資産購入に充てる!

良く言われる“配当金再投資”というやり方ですね。

6月に発生した配当金は、以下の通りでした!

 

  • 6月の配当金:税引き後で203.66USドル
  • 1ドル:110円換算で、22,402円の配当金収入

単月で20,000円超えは久しぶりな気がします!

20,000円あると、月の食費の概ね半分賄える計算。

 

月の固定費を資産所得で支払える額が増えるほど、

資産増加効果が増して生活がどんどん楽になっていくのを実感。

更に高みを目指していきます!

 

6月度の購入資産(商品)について

では6月に購入したETFのティッカーを以下の通りお伝えします!

 

6月購入・米国高配当ETF

銘柄 購入数量 約定代金(US$)/1株 その他
BND 2株 85 米国債券市場ETF
PFF 5株 39 年初来リターン2.14%
LQD 2株 133 米ドル建て適格社債
SPYD 61株 39 S&P500高配当ETF
VOO 2株 389 S&P500
VWOB 4株 79 新興国債券
VYM 2株 102 高配当株式ETF
VXUS 1株 65 米国除く世界株式
AGG 5株 114 トリプルA格付債券
IYR 8株 102 米国不動産ETF
VWO 2株 54 新興国市場ETF
HDV 5株 96 消費財・エネルギー等に投資
VIG 9株 153 過去10年連続増配株
合計 $7,724

 

記事の冒頭でお伝えした修正後の戦略にもとづいて、

債券ETFの購入割合を引き上げました!

 

またセクターの分散をはかるために、SPYDVYMHDVも買い増し。

公共事業セクターマテリアルセクターの比率引き上げに寄与します。

 

投資信託

投資信託は、引き続きつみたてNISAで定期的に購入しております!

また、証券会社は楽天証券で楽天カード払いでのつみたてを採用。

  • 楽天・全世界株式インデックス・ファンド(全世界株式)
  • 楽天・全米株式インデックス・ファンド(全米株式)
  • 楽天・インデックス・バランス・ファンド(債券重視型)
  • eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)

 

つみたてNISA以外でeMAXIS NEOシリーズ「宇宙開発」と並列して、

「ウェアラブル」スパイス的位置づけで組み入れも継続中です!

割合は1%以内。メインは、S&Pや全世界株式であることの軸は絶対に変えません!

 

分散について!

  • 「全世界」「全米」「新興国」
  • 「株式」「債券」「不動産」

地域と商品で、分散効果を継続!

 

 

40代の投資:投資信託・米国高配当ETF 6月度まとめ

  • ETFの定期買い付けを設定(ティッカー追加)
  • 収入の10%と生活費見直し分を資産購入の原資に組み入れる!
  • ポートフォリオ整理→投資戦略微修正!

 

いかがでしたでしょうか??

10年後のFIREが私の目標。引き続き不変です!

 

この記事が投資へのチャレンジ、特に、20~30代のみなさんの

後押しとなるきっかけになってくれればとてもうれしいですし、

一緒に豊かな人生になるよう頑張っていきましょう!!

 

資産づくりに関する体験記・過去記事も、ぜひご参考にしてみてください!

[質問と回答]債券で資産づくりしたい→オススメのETFは?

続きを見る

ideco(個人型確定拠出年金)の運用で『元本保証型』はアリ?ナシ?

続きを見る

 

それでは、次回のブリコラ!にもどうぞご期待ください。

最後までご覧いただきありがとうございました!

 

補足

  • 投資は「自己判断」でございます。
  • 記事に特定の銘柄を掲載させていただいておりますが、あくまでも筆者の見解と事例です。(購入を推奨するものではございません。)

 

 

  • この記事を書いた人

ブリコラブログ!

・東京都在住 大阪府出身 ・趣味 :ゴルフ/史跡めぐり/ドライブ ・好きなもの :お寿司 ・年収400万のときに、持ち株会で3,500万の資産をつくる ・その経験から❶資産づくり❷ビジネススキルを軸に 「何に役立つかわからないけど、何かある気がする!」が コンセプト「ブリコラブログ!」を運営

-資産づくり

© 2021 ブリコラブログ! Powered by AFFINGER5