スポンサーリンク




生活の知恵

浴室乾燥機で洗濯物を効率良く乾かす干し方!

 

こんにちは!ブリコラブログ!です。

 

本日は「生活の知恵」・洗濯物を効率良く乾かす干し方

「浴室乾燥機」編をお届けします!

 

この記事で解決するギモン!

  • 浴室乾燥機で4時間タイマー掛けたけど、意外に乾いてない・・・
  • 洗濯物は外に干せば良い!わざわざ浴室乾燥機を使う意味あるの?
  • 乾燥機は温風が出て乾くのだから、干し方関係ないでしょ!?

それでは最後までご覧ください!!

 

 

 

 

 

結論:洗濯物に温風が当たる面積を最大化する干し方を!

 

結論をご覧になった方は、「そりゃそうだ!!」と思われたでしょう(笑)

浴室という限られた空間で効率よく温風を当てる空気の流れを良くする

詳しく説明致しますね!

 

対象の洗濯物:バスタオル

数ある洗濯物の中で、どのご家庭でも最大級の面積を誇ります。

大きさだけでしたらカーテンや布団シーツの方が大きいですが、

利用頻度を考えますと「バスタオル」に軍配。こちらで説明します!

 

 

効率良く乾かす干し方の工夫❶:干す前にタオルを「振る」

 

洗濯物を干す前に両端を持って“バサバサ”と振る動作は、

みなさま無意識に実施されていると思います。

 

振る動作の目的を理解されていますでしょうか??

以下の図をご覧ください!

 

タオルを振ると繊維に含まれた水分が適度に飛ぶと共に、

タオルの繊維1本1本が起き上がるんですね!

洗濯物に効率よく温風を当てるためにも、必須の動作です。

 

効率良く乾かす干し方の工夫❷:温風の通り道をつくる!

 

タオルを振って繊維を起き上がらせた次は、干し方です!

まず効率の“悪い”例から見ていきましょう。

 

空気の通り道を確保して温風を効率よく当てるには、

折りたたまれた内側には“ちょっと難しい・・・”とお感じいただけますね。

 

ハンガーを使うだけで、空気の通り道が劇的に確保されます!!

具体的には以下の干し方です。

 

使うのはクリーニングの返却時についてくるプラスチックの黒ハンガー2本!

写真のように掛けるだけ!!下から見ると以下のような見え方ですね。

 

温かい空気は下から上に上がってきますよね。

タオルの下をこのように開けておくと、下からの空気上からの乾燥機の

送風でタオルがサンドイッチされる形となります!

 

効率良く乾く仕組みをご理解いただけましたでしょうか??



 

効率良く乾かすために:浴室の湿気を取っておく!

 

浴室乾燥機を使いますので、浴室自体に湿気がありますと

干す前・干しときに工夫をしたとしても効果が半減します・・・。

 

例えばこんなとき!

  • シャワーを浴びた直後に洗濯乾燥する。
  • バスタブに前日入浴時の残り湯がまだある。

壁面や床面についている水滴をしっかりふき取るなどして、

ご紹介した工夫で干してみてください!!

 

浴室乾燥機で洗濯物を効率良く乾かす干し方:まとめ

 

  • 干す前に洗濯物を振る。繊維から水分を飛ばし、1本1本起こす!
  • 黒ハンガー2本使って、タオルの下に温風の通り道を確保する!
  • 干す前には浴室の湿気をしっかり取っておく!

 

いかがでしたでしょうか??

梅雨による雨続きの時期や花粉やPM2.5が大量に飛散する時期には

大活躍の浴室乾燥機ですね。

 

その一方で毎回使用すると電気代にも跳ね返りますし、

乾燥している時間は浴室が使えないことにもなります。。

 

少しでも乾燥効率を上げる今回のご紹介が、

みなさまの課題・懸念解決につながれば幸いです!

 

[合わせてどうぞ]外干し時の効率的な干し方

今回は浴室乾燥時の効率が良い干し方をご紹介しました。

以前の記事では外干し、しかも、北向きでしか干せないケースでの

効率の良い干し方をご紹介しております。

北向きでも洗濯物を『早く乾かす』『匂いを防ぐ』干し方の工夫2選!

続きを見る

 

こちらもどうぞご確認ください!

それでは、次回のブリコラ!でお会いしましょう

 

 

 

  • この記事を書いた人

ブリコラブログ!

・東京都在住 大阪府出身 ・趣味 :ゴルフ/史跡めぐり/ドライブ ・好きなもの :お寿司 ・年収400万のときに、持ち株会で3,500万の資産をつくる ・その経験から❶資産づくり❷ビジネススキルを軸に 「何に役立つかわからないけど、何かある気がする!」が コンセプト「ブリコラブログ!」を運営

-生活の知恵

© 2021 ブリコラブログ! Powered by AFFINGER5